お薦め

品質へのこだわり

ドッグフードを選ぶときの基準の目安になるのが、品質へのこだわりです。
今は人間の食べ物と同じように、ドッグフードも品質にこだわって作られているものが増えています。

ウチの犬はなんでも食べるし好き嫌いもないから大丈夫、という飼い主さんはドッグフード選びにもそれほど苦労しないでしょう。
しかし犬も個体差があるので、性格の違い、体質の違いなどいろいろな理由でドッグフードも選ばなければいけない場合もあります。
こだわりがないドッグフードが悪いものだということではありません。
犬が喜びそれを食べてなんの問題もなければ、特に変える必要もありません。
でもアレルギーがあったり、何かの病気で療法食が必要な場合は、アレルギーに対応しているドッグフードなど品質へのこだわりも重視しなければいけませんね。
愛犬が運動不足やカロリーオーバーで肥満気味になっている場合も、低カロリーのダイエット用ドッグフードに切り替えて理想的な体型に戻してあげる必要があります。

品質を保つためには色々な方法があります。
例えば原料から健康にいいとされる成分を抽出する場合にも、その方法は各メーカーで違うこともあります。
最終的には原料を全て混ぜ合わせますが、その過程で加熱が必要になることもありますね。
しかし成分の中には熱に弱く、加熱することで成分の栄養素や形状が破壊されてしまうこともあります。
この場合には調理法にも工夫が必要になります。

犬に必要な栄養素や量、バランスは人間とは異なります。
中にはオイルを使うこともありますが、オイルも質にこだわり上質なオイルのみを厳選していることもあります。
低アレルギー処方や、療法食など目的に応じて品質へのこだわりも変わってきますが、犬のことを考えてこだわって作っているということには変わりありません。

例えば人間の食材や化粧品などでもそうですね。
何も特徴がなく、安心なのかもわからないものよりは、品質へのこだわりがあるものを選びたいと思うはずです。
ドッグフードを品質へのこだわりで選ぶことも大切なことですね。

最近は犬をペットとしてではなく、家族の一員と考える人も増えています。
大切な家族の一員の食べるものですから、こだわって選びたいという傾向になっているのも納得できますね。