お薦め

獣医学,動物栄養学から導き出された最新テクノロジーが凝縮されたキブル(粒)

ドッグフードを選ぶときの基準のひとつに、獣医学,動物栄養学から導き出された最新のテクノロジーが凝縮されたキブル(粒)を基準にすることもできます。
ドッグフードのメーカーにもたくさんのメーカーがあり、それぞれにメーカー独自の工夫を凝らしています。

犬をあまり良く知らない人は、犬なんてみんな同じ、みんな一緒と思っています。
しかし犬にも沢山の犬種がいて、カラダの大きさや、頭の形、顎の大きさ、など全て違います。
両極端ですが、世界一小さいと言われているチワワと、超大型犬のグレードデーンを比較してみましょう。

生まれたときのサイズはそれほど変わりませんが、成長し成犬になった時の大きさは全くちがいます。
体が大きければ1日に必要な栄養素やドッグフードの量も沢山必要です。
グレートデーンとチワワの成犬の1回の食事量を比べると、その量の違いは一目瞭然ですね。
これは食べる量だけでなく、消費エネルギー、消化するための胃にかかる負担、なども全て違って来ます。

ちょっと両極端な比較でしたが、犬種によって顎の形状持ちがいます。
小型犬でもマズル(鼻)の長い犬もいれば、ペチャっと潰れたような短頭種と呼ばれる犬もいます。
短頭種の犬は受け口になっていることが多いので、固く大きい粒のフードは噛みにくいので丸呑みをしてしまうこともあります。

犬は噛むことでストレス解消にもなりますし、歯磨き代わりにもなりますのでフード選びには噛みやすさも大切なポイントになります。
大型犬の場合は粒が大きく固くても、それを噛み砕くだけの顎の力がありますね。
大型犬用のフードを小型犬に与えた場合、噛み切るのも大変ですし喉に詰まらせてしまう危険もあります。

こういうことを全て考えているのが、獣医学、動物栄養学から導き出された最新のテクノロジーが凝縮されたキブル(粒)です。
有名なところではロイヤルカナンがこれに該当します。
犬種ごとに特徴などを考え食べやすい粒にしているので、犬も食べやすく、栄養素なども考えられているのでとても人気があります。
ドッグフード選びに迷った時に参考にしてみてください。